TOP > 視察・訪問学習対応

各種人材情報

 
 北海道地球温暖化防止活動推進員

 地球温暖化防止活動推進員とは、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき設置される市民などによる地球温暖化防止の活動を支援し助言を行う人たちのことです。推進員は、地域に根ざした自主的・積極的な活動や、派遣依頼による講演等を行います。

詳細は北海道地球温暖化防止活動推進員のページへ 

 環境カウンセラー

 環境カウンセラーとは、市民活動や事業活動の中での環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を有し、その知見や経験に基づき市民やNGO、事業者などの環境保全活動に対する助言など(=環境カウンセリング)を行う人材として、環境省の行う審査を経て登録された方々です。

環境カウンセラーに相談することにより環境保全活動を進める上で、有効な情報や助言が得られるはずです。なお、カウンセリングに係る経費等、諸条件については、環境カウンセラーとカウンセリング希望者の間での直接交渉となります。
詳細は環境カウンセラーのページへ 

 ECO−アカデミア

 eco−アカデミアは、北海道が地域住民の方々と協力して進める環境学習講座です。環境に関わる全24講座とその講師が紹介されています。講師は、北海道の地域特性に詳しい環境保全分野の専門家の方々です。

 この講座を開催するには、そのイベントが誰でもが参加できることが原則とされています。北海道は、講座が開催となる場合、講師への謝礼・交通費を負担します。
詳細はECO−アカデミアのページへ 

 環境保全アドバイザー (原則として札幌のみ)

 札幌市内の市民団体,NGO,町内会,PTA等が主催する環境に関する学習会・講演会・自然観察会等で,参加者がおおむね20名以上の学習会などを対象に講師を派遣する制度です。7分野で24名の専門家が環境保全アドバイザーとして登録されています。

派遣申請は,原則として1団体,年1回までとされていますが、アドバイザーへの謝礼(交通費含む)は札幌市が負担します。
詳細は環境保全アドバイザーのページへ 

 環境教育リーダー (札幌のみ)

 札幌市内の学校及び市民グループが主催する授業・学習会・観察会などを派遣の対象としています。自然観察やエコライフについてお話してくれるボランティアの方々が登録されています。

環境保全アドバイザー同様、派遣の申請回数に制限がありますが、謝礼(交通費含む)は札幌市が負担します。
詳細は環境教育リーダーのページへ 

コンテンツ一覧