公益財団法人北海道環境財団

北海道環境財団は、市民・民間による自発的な環境保全活動を促進し、環境学習の機会や情報交流などさまざまな活動支援を行うために設立された非営利団体です。環境・経済・社会が調和した持続可能な北海道づくりをめざして、人や地域をつなぎ、道内の環境保全活動や環境教育を発展、深化させてゆくことを目的として活動しています。

地域、立場、分野を超えた環境保全活動の推進・支援をはじめ、環境教育、そして地球温暖化防止の取り組み推進を大きな柱として、様々な事業を実施しています。

-

北海道環境財団からのご案内・お知らせ

【お知らせ】ほっくー基金北海道生物多様性保全助成制度 平成30年度 活動助成募集!

北洋銀行は創立100周年を機に「ほっくー基金」を新たな助成制度としてスタートさせます。詳しくはこちらから

【函館】平成29度 函館市温暖化防止市民講座「自然に合わせたライフスタイルを考える」開催のご案内

平成29年11月23日に函館市において「自然に合わせたライフスタイ ルを考える」と題して地球温暖化防止市民講座を開催します。詳細はこちらから

【お知らせ】映画「不都合な真実2」の公開のお知らせ 及び 鑑賞券の販売について

平成29年11月17日からディノスシネマズ札幌劇場で「不都合な真実2」が公開されます。環境サポートセンターでは映画上映に協力し、上記劇場で使用できる鑑賞券の販売を行います。詳細はこちらから

【新ひだか町】地球温暖化防止セミナーin 新ひだか町 開催のご案内

日高の「いきもの」が教えてくれる、「地球温暖化」のこと 〜日高で越冬する天然記念物マガンなどの事例から、日高で起きている様々な地球温暖化を考える〜 と題して地球温暖化防止セミナーを開催します。詳細はこちらから

【お知らせ】第8回北海道e-水フォーラムを開催します

第8回北海道e-水フォーラムを開催します。基調講演には、北海道大学総合博物館の教授・副館長の大原昌弘先生をお迎えします。どしどしご参加ください!! 申し込みはこちらから

東日本大震災被災地復興支援のために、東北被災3県に寄付を行いました

東日本大震災による被災孤児、被災遺児を支援するために、岩手県、宮城県、福島県に約200万円を寄付いたしました。 「東日本大震災復興支援型クレジット活用スキーム」により2012年度から継続して、約800万円の東日本大震災被災地支援(寄付)を行っています。詳細は こちらからご確認ください。

函館市地球温暖化防止行動に関する市民アンケート調査について

北海道環境財団と函館市が協働し、函館市民を対象に、国民運動「COOL CHOICE」および函館市の温暖化防止の取り組み「市民ノーマイカーデー」に関するアンケート調査を実施しました。詳しくは、 こちらのホームページよりご確認ください。

-

北海道環境財団 補助事業部からのお知らせ

平成29年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金に係る補助事業者(執行団体)の採択について

北海道環境財団は平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金に係る補助事業者(執行団体)として、以下の事業について環境省より採択を受けましたので、ここにお知らせいたします。

(1)平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(次世代省CO2型データセンター確立・普及促進事業)
(2)平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(L2-Tech導入実証事業)
(3)平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(木材利用による業務用施設の断熱性能効果検証事業)

詳細については 北海道環境財団 補助事業部のホームページよりご確認ください。

-
コンテンツ一覧